厦門オーディン コンポジット テクノロジー株式会社
ニュース
補強板の炭素繊維の使用

1. 表面処理

(1) きれいな構造の表面は強化断ち切られた、緩やかな、携帯電話、およびコンクリート、コンクリート構造物の層、および平準化修復材料表面修復の腐食劣化。

(治療を閉じたり 2) 注ぐ亀裂の設計要件に従でしょう。

(3) が貼り付けられたコンクリートの表面は滑らかな表面のレイタンスを削除する研磨する必要があります、オイルおよび他の不純物は、完全に露出するまでコンクリートの新しい表面の構造。コーナー貼り付け、面取りによって支配、円形の形状に研磨はり円弧の半径のはずない 20 mm 未満です。弧の列半径がない 25 ミリメートル未満のものをする必要があります。

(綿 4) コンクリート表面は清潔に乾燥させてアセトン ワイヤーに浸した。

2. 繊維シートを貼り付け

(1) 炭素繊維シートは、次の要件を満たす必要があります。

切断炭素繊維シートの設計要件のサイズによると

サイト上で均等に貼りたい商品と技術サプライヤーの規定に従い樹脂製剤を含浸

ドラム ロールに沿って数回特殊炭素繊維方向に炭素繊維シートを樹脂含浸による飽和空気を除外します。ないローリング炭素繊維シートによるダメージが。

多層貼り付け繰り返します上記の手順実施されなければならない、できるだけ早く乾燥樹脂含浸カーボン タッチの表面層にのり; の次の層の後(注: 均等に樹脂を含浸・炭素繊維シートの最終的な表面層に)


製品カテゴリー

    出世コース

    © 厦門オーディン コンポジット テクノロジー株式会社